2019年4月1日に新元号が「令和」と発表されました。

この元号は2019年5月1日から採用されます。

しかしこの元号、「ダサい」「かっこ悪い」とあまり評判がよくありません。

なぜそのような事態になってしまったのでしょうか?評判はどうなのでしょうか?

今回は新元号「令和」についての記事です。



「令和」(新元号)は元号の条件に合っている?

2019年5月1日からの元号は「令和」です。

そもそも「令和」は元号の条件に沿っているのでしょうか?

元号の条件は「元号法」によって定められています。

具体的な元号の条件は以下の通りです。

  1. 国民の理想としてふさわしいようなよい意味を持つものであること。
  2. 漢字2字であること(3文字以上は不可。但し、749年から770年にかけては、漢字4文字の元号が使用されている)。
  3. 書きやすいこと。
  4. 読みやすいこと。
  5. これまでに元号又はおくり名として用いられたものでないこと(過去の元号の再使用は不可)。
  6. 俗用されているものでないこと(人名・地名・商品名・企業名等は不可)。

これに加えて頭文字が「M、T、S、H」にならないこと、新元号予想上位は避けることなども実質的な条件となっています。

令和」は確かによい意味を持つ感じ2文字の組み合わせであり、合計でも13画と書きやすく読みやすいです。

これまでの元号にも使われておらず、「令」は元号として初めて使われる漢字でした。

令和」は社名にも使われておらず、人の名前としても一般的ではありません。

そう考えると「令和」は元号の条件に沿っているといっていいでしょう。

かつて飛鳥時代には元号が存在しなかった期間があるものの、645年の「大化」以来日本の歴史は元号と共にありました。

さて、新しい時代を象徴する元号、「令和」はダサい、かっこ悪いのでしょうか?



「令和」(新元号)はダサい?かっこ悪い?

」が「ゼロ」っぽくてダサい、「」は古臭くてかっこ悪いという意見も多いです。

「令和18年」は「R18」と略すことになって卑猥という意見もありました(笑)。

」に至っては「昭和」で使われたばかりの文字でもあります。

ちなみに「令和」の出典は『万葉集』です。これまでの元号の出典は全て中国の書物でしたが今回始めて日本の古典からの出典となりました。

平成」も最初は慣れなかったという意見が多かったですし、今回も時間が経てば慣れると思います。

個人的にはそこまでダサくないと思います。「令」という文字自体はそこそこかっこいいですし。

今では「平成」という元号を叩く人はほとんどいませんしね。「平成」は元号としてほぼ完璧だったのではないでしょうか。

「令和」(新元号)の評判!

ダサい」という意見も多かったものの「妥当」「かっこいい」という意見もありました。

誰もが納得する元号は無理なので賛否両論なのは仕方ないでしょう。

まとめ

645年に始まる「大化」から数えて248番目の元号となった「令和」。

全世界で元号を未だに使っているのは日本だけですし、不便も多いということで西暦に統一すべきという意見もあります。

しかし元号は日本の文化の一つですし、個人的には元号を廃止すべきだとは思いません

最初は批判する人もいると思いますがそのうち慣れると思います。

「令和」の出典は『万葉集』じゃなかった!?実は張衡の詩が出典?