アジアカップ2011の準決勝で死闘を繰り広げた日本と韓国。
参考記事アジアカップ2011、韓国との死闘を戦ったメンバーは?動画も!

しかしこの試合で残念な事件が起きました。

アジアカップ2011で韓国が日本人を侮辱!?

今野がペナルティエリア内でパク・チソンを倒してしまい、韓国にPKが与えられます。

それを決めたキ・ソンヨンがゴールパフォーマンスで猿の物真似を行ったのです。

これがそのシーンの動画です。

「猿」は韓国社会において日本人を侮辱するときよく使われる蔑称です。

その真似をすることで日本人を侮辱する意図があったと考えられます。

アジアカップ2011で韓国が日本人を侮辱した理由は?




このパフォーマンスについてキ・ソンヨンはスタジアムで日本サポーターが掲げていた旭日旗に腹が立ったことを理由に挙げています。

旭日旗は日本の軍事を象徴すると見なして特に韓国や中国からは反発の大きい旗です。

人種差別に厳しいサッカー界ではこのような旗を掲げることは好ましくないとされています。

しかし実際にこの試合が行われたスタジアムで日本サポーターが旭日旗を掲げていたという事実は確認されていません

この試合を取材していた産経新聞のカメラマンは「日本側の応援席で旭日旗を見た記憶はありません。断言はできませんが、少なくとも目につくような大きさの旭日旗は見なかった。」と証言しています。

その後キ・ソンヨンはあのパフォーマンスは当時自身がプレーしていたスコットランドのクラブ、セルティックで受けた差別行為に向けてやったのであり、日本人を侮辱する意図は無かったと弁明し謝罪しました。

しかしイギリスのサッカー場での人種差別行為を監視する団体SRTRCはこの発言を疑問視しており、イギリス紙も「スコットランド人を人種差別者扱いしている」と批判。

2011年8月に行われた日韓親善試合の前日記者会見でこのパフォーマンスについて質問されると「複合的な理由があった」と発言し、2012年には韓国メディアに対してパフォーマンスの理由として再び旭日旗を理由に挙げました。

キ・ソンヨンの発言は二転三転しているため事実は不明のままです。

まとめ

ちなみにキ・ソンヨンは2017年11月に行われたコロンビアとの親善試合で差別的なジェスチャーを受けています。

このジェスチャーを行ったコロンビア選手には出場停止の処分が下されました。

サッカーにおいてこのような人種差別的行為は処分の対象となります。

理由があったにせよキ・ソンヨンのパフォーマンスは到底許すことが出来ないものでしょう。

スポーツと政治は別問題、常にピッチ内でもピッチ外でもフェアプレーでいきたいものです。