苦しみながらも決勝まで進出したものの、決勝で敗れ準優勝に終わったアジアカップ2019のサッカー日本代表。

その悔しさを晴らす舞台はすでに近づいています。

そう、2019年の南米の大陸選手権であるコパ・アメリカ2019に招待国として参加するのです。

この大会は南米サッカー連盟(CONMEBOL)に加盟する10の国と2カ国の招待国で争われます。

コパ・アメリカ2019の招待国は日本とカタール

しかしなぜこの2カ国が招待されたのでしょうか?同じアジアサッカー連盟(AFC)加盟国なら韓国などでも良かったはずです。

今回はコパ・アメリカ2019に韓国が出場出来ない理由について書いていきます。




コパ・アメリカ2019の招待国とは?

まずコパ・アメリカの招待国について説明します。

コパ・アメリカは1993年大会以降招待国を設けています。

理由としてはCONMEBOLに加盟している国が10カ国しかないため、大会の進行が難しいという点が挙げられます。

10カ国だと1次リーグのグループ分けが5カ国×2か4カ国+3カ国×2になってしまい、日程の面で不利になるチームが出てしまいます。

そのため2か国増やして4カ国のグループを3つ作ったほうが効率がいいのです。

また、招待国がもたらす経済効果なども利点です。

実は1993年大会以降、メキシコがすべての大会で招待国として参加していました。

地理的に近く、南米の強豪と渡り合える実力があるというのが理由としては大きいでしょう。

基本的に招待国は地理的に近い北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)から選ばれることが多いです。

しかしコパ・アメリカ2019ではメキシコが招待国から外れ、日本とカタールが招待されました。

この理由は、コパ・アメリカ2019と同時期にCONCACAFの大陸選手権である「ゴールドカップ」が開催されるため、CONCACAFの国は招待できないというものです。

ではなぜ地球の裏側からアジアサッカー連盟(AFC)の日本とカタールが選ばれ、韓国は選ばれなかったのでしょうか?

コパ・アメリカ2019に韓国が出場出来ない理由は?

韓国が選ばれなかった」というよりは「日本とカタールを呼びたかった」というほうが近いと思います。

まず日本ですが、1999年のコパ・アメリカパラグアイ大会に招待国として出場した実績があります。

2011年アルゼンチン大会も招待されていたのですが、この年は東日本大震災が起こった年。

その影響でJリーグなどの日程がずれ込み、泣く泣く出場を辞退したことがありました。

2015年チリ大会も招待されていたものの、ベストメンバーを組めないということで辞退。

2019年大会もメンバーに制限はあるものの、コパ・アメリカ2019への参加は決めました。

カタールが選ばれた理由はオイルマネー目当ての可能性が高いです。

カタールサッカー協会からカタールを招待するようCONMEBOLに対し裏金の授与があったなどの噂もありますが何とも言えません。

2022年ワールドカップの開催国であるカタールはその潤沢な資金によって代表の強化をしています。

その結果が2019年のアジアカップ優勝であり、強化は成功しつつあるといえるでしょう。



コパ・アメリカ2019に韓国が招待されないのは嫌われてるから?

ではなぜ韓国はコパ・アメリカに招待されないのでしょうか?アジアでは屈指の強豪のはずです。

実は日本は2回目のコパ・アメリカ出場であるにもかかわらず、韓国はコパ・アメリカに参加したことがありません

理由として韓国は日本ほど南米とのつながりがないから、というのが挙げられます。

明治時代に移民として南米に渡った日本人が勤勉に働き、南米の国の発展に寄与したことから南米は親日国家が多いです。
関連記事→コパ・アメリカ2019になぜ日本が招待された?招待基準は?

特にペルー、アルゼンチン、ブラジルなどです。

サッカーがビジネスとして成立する前の1930年の第1回ワールドカップにも日本が招待されていたことからもこのことはわかるでしょう。

残念ながら昭和恐慌の影響で参加は出来ませんでしたが。

また、韓国はラフプレーが多く、あまり韓国のサッカーにいいイメージを抱いていない、というのも理由かもしれません。

特に2002年の日韓ワールドカップでの悪行は未だに尾を引いています。
参考記事→【日韓共催】2002年 FIFAワールドカップを台無しにした出来事まとめ【誤審・反則】

今でもこの誤審のせいで敗退したイタリア、スペインからは韓国はかなり嫌われています。

イタリアやスペインのリーグでプレーする選手の多い南米の選手も韓国にあまりいいイメージは無いのかもしれませんね。

まとめ

コパ・アメリカ2019に韓国が出場出来ない理由はCONMEBOLが韓国より日本とカタールを招待したかったからです。

韓国が招待されないのは2002年ワールドカップでの出来事など韓国にいいイメージが無いというのも理由の一つかもしれません。

今後他にもAFCからコパ・アメリカに招待される国が出るかはわかりませんが、韓国を招待するイメージはあまり湧きませんね。

コパ・アメリカ2019はDAZN独占配信です。

現在DAZNではコパ・アメリカ2019の独占配信を記念して、新規加入者を対象に通常1か月の無料期間が2か月になるキャンペーンを実施中です。

中島翔哉選手や冨安健洋選手、久保建英選手といった注目の選手たちが出場するコパ・アメリカ2019.

忘れないうちに登録しておきましょう。
【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

この記事ではDAZNへの登録方法も解説しています→コパアメリカ2019の放送は地上波では無い!?視聴方法は?

関連記事→コパ・アメリカ2019になぜ日本が招待された?招待基準は?