昨年はロシアワールドカップが開催され、日本代表がベスト16の成績を残したことで話題になりました。

今年1月に行われたアジアカップは準優勝で終わったものの、南米の大陸選手権であるコパ・アメリカに招待されており、再び高いレベルで戦うことができます。

さて、我らがサッカー日本代表は6月5日に豊田スタジアムでトリニダード・トバゴ代表と対戦します。

このトリニダード・トバゴはサッカーが強いのでしょうか?また、有名な選手はいるのでしょうか?

今回はサッカートリニダード・トバゴ代表についてです。



トリニダード・トバゴ代表はサッカー強い?

トリニダード・トバゴはカリブ海に浮かぶ島国です。

サッカーの代表チームはCONCACAF(北中米カリブ海サッカー連盟)に所属しています。

最新(2019年4月発表)のFIFAランキングでは93位となっており、日本の26位よりも格下。

FIFAワールドカップ本戦には2006年のドイツ大会にのみ参加経験があります。そのときは初戦のスウェーデン戦こそスコアレスドローに持ち込んだものの、イングランド、パラグアイに連敗しグループリーグ敗退となりました。

ロシアワールドカップ予選ではトリニダード・トバゴは敗退が確定していたにもかかわらず、最終節でアメリカに勝利したことでアメリカを予選敗退に追い込んだことでも知られています。

ちなみに日本代表がコパ・アメリカを戦っているころにトリニダード・トバゴは北中米カリブ海の大陸選手権であるCONCACAFゴールドカップに出場します。

つまり、トリニダード・トバゴとしてもゴールドカップのために日本戦は重要な試合だということです。



トリニダード・トバゴで有名なサッカー選手は?

では今のサッカートリニダード・トバゴ代表に有名な選手はいるのでしょうか?

残念ながら、現在のトリニダード・トバゴに世界的に有名な選手はいません

南アフリカワールドカップ予選では最終予選には進出したもの最下位、ブラジルワールドカップ予選では1次予選で敗退、ロシアワールドカップ予選も5次予選ダントツ最下位でした。

現在のトリニダード・トバゴはかなり低迷期にあると言っていいでしょう。

しかし、初出場したドイツワールドカップではドワイト・ヨークが活躍しました。敗退国の中から選ばれるベストイレブンにも選出されるほどの活躍でした。

彼はあの名門、マンチェスター・ユナイテッドにも所属したことがあり、トリニダード・トバゴのサッカー界では英雄的な存在です。

現在は指導者として後進の育成に携わっているようです。

まとめ

日本代表から見ればトリニダード・トバゴは格下のチームであり、確実に勝たないといけない相手でしょう。

しかもトリニダード・トバゴはビザの問題で19人しか来日していないようです。

日本代表はコパ・アメリカとキリンチャレンジカップでは選ばれているメンバーがかなり違います。

両方に選ばれている選手をどう使うかが森保一監督の手腕の見せ所でしょう。

そしてコパ・アメリカは地上波では放送されないことが決まりました。

コパ・アメリカを生で視聴するにはDAZNに入らないといけません。

とはいえ1か月は無料で利用できるので、コパ・アメリカだけが目当てなら無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。

決勝戦は7月7日なので仮に日本代表が決勝まで進出しても大丈夫です(笑)。

コパ・アメリカ2019の日本代表の初戦、チリ戦は6月18日(火)8時~です。

それまでには確実にDAZNへの登録を済ませておきましょう。

↓DAZNへの登録はこちらから↓
【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

関連記事→コパアメリカ2019の放送は地上波では無い!?視聴方法は?

関連記事→コパ・アメリカ2019になぜ日本が招待された?招待基準は?

関連記事→エルサルバドル代表はサッカー強い?FIFAランキングは?