2019年6月に世間を騒がせた吉本興業所属中心の芸人による闇営業問題。

この騒動で処分された吉本興業の芸人は13組もいます。

しかし、実は他にも闇営業をしていた芸人がいるのではないかという噂もあります。

特にかまいたちには処分を受けていないにもかかわらず闇営業の噂が絶えません。

今回はかまいたち闇営業疑惑についてです。




かまいたちも実は闇営業をしていたって本当!?

そもそも「闇営業」とは事務所を通さずに直接芸能人が営業することです。事務所を通さないので金銭的な取り分が多くなるというメリットがあります。

しかし、2019年6月に発覚したように闇営業相手が反社会的勢力だった場合大問題になってしまいます。

反社会的勢力相手でない闇営業自体は今回の騒動で処分されていない芸人も行っていたと言われています。給料が少なすぎるため事務所も黙認していたという話もあります。

さて、かまいたちも闇営業をやっていたのでしょうか?

少なくとも報道されている分を見る限りではかまいたちが闇営業をしていたという話はありません。

かまいたちが闇営業を疑われるには他に理由があります。



かまいたちが闇営業を疑われる理由は?

実はかまいたちの山内さんにはかつてから怪しげな投資に傾倒しているという疑惑がありました。

山内さんは芸人仲間に仮想通貨を勧めていたようですが、手を出したほとんどの芸人が損をしたとのこと。

相方の濱家さんにも仮想通貨を勧め、大損してしまった濱家さんにガチギレされたという話もあります。

そんな山内さんとつながりがあったのが仮想通貨トレーダー・KAZMAX(本名:吉澤和真)氏。

KAZMAXは仮想通貨界では非常に有名な人物で、月額3万円の有料オンラインサロンを開始。多いときは5000人以上の会員がいたようです。

しかしKAZMAXのやり方が通用しなくなってくるとオンラインサロンの会員も激減。

そしてなんと2019年11月にはKAZMAXこと吉澤和真容疑者が麻薬取締法違反で逮捕されました。

実は逮捕される前からKAZMAXには反社会的勢力とのつながりが噂されていました。

そのためKAZMAXとつながりのあったかまいたち山内さんも反社会的勢力相手の闇営業が噂されたということです。



まとめ

かまいたちは闇営業騒動で処分されておらず、闇営業をしていたという話は出ていません。

しかしかまいたちの山内さんが反社会的勢力とのつながりが噂されていたトレーダーと交友関係にあったことから疑われることになってしまいました。

『逃走中』で自首したりと好感度が高いとは言えないかまいたち。

M-1グランプリ2019で結果を残し、芸人として評価されるといいですね。