『もう恋なんてしない』『冬がはじまるよ』といった名曲で有名なシンガーソングライターの槇原敬之さん。SMAPの『世界に一つだけの花』の作詞作曲をしたことでも知られています。

そんな槇原敬之さんはずっと独身だと思われてきました。

しかし、薬指に指輪をしているのが目撃され、実は既婚者なのではという噂も浮上しているようです。

今回は槇原敬之さんの薬指の指輪についての真相、既婚者説についてです。




槇原敬之の薬指に指輪が!?

槇原敬之さんはだいぶ前から左手の薬指に指輪をしています。ツイッターでも確認できます。


一番古いものは2009年。ちなみに日本でのツイッターのサービスが開始されたのは2008年です。

毎年のように話題になっているので普段は隠しているけど映ってしまった、というわけではなさそうです。

少なくとも槇原敬之さんが左手薬指に指輪をしているというのは事実です。

ファッションの場合、普通は左手薬指にはしません。やはり相手と何らかの関係があると考えるのが普通でしょう。



槇原敬之は実は結婚してるって本当?

では槇原敬之さんは実は結婚しているのでしょうか?

今まで槇原敬之さんは結婚を発表したことはありません。それどころか女性関係のスキャンダルも一切無いのです。

実は、ファンの多くは槇原敬之さんをゲイだと思っています。

というより2007年には「第2日本テレビ」の番組内で「自分は同性愛者である」と公言していたようで(動画が残っていないので真偽不明)、2013年にフジテレビの番組内では新曲『Life Goes On』について「女性に向けて作ったのはこの曲が初めて」と語りました。

さらに、2011年にリリースされたアルバム『Heart to Heart』に収録された『軒下のモンスター 』はカミングアウトソングだとして話題になりました。

特に「好きになる相手がみんなと僕は違うんだと」という部分はセクシャルマイノリティの葛藤を表現したものだと思われます。

軒下のモンスター 槇原敬之 うたまっぷ

要するに、槇原敬之さんは同性愛者とほぼ認めているようなものです。

そして同性愛の相手は槇原敬之さんの個人事務所の元代表取締役社長・奥村秀一さんだとほぼ断定されています。

奥村秀一さんは1999年に槇原敬之さんと共に覚せい剤取締法違反で逮捕されたのですが、その頃から同棲しているという噂でした。

2018年3月に奥村秀一さんは再び覚せい剤取締法違反で逮捕され、一時は槇原敬之さんとの距離が離れたようですが、2018年末には復縁したような噂があります。長年の付き合いなのでそう簡単には離れられないのでしょう。



まとめ

槇原敬之さんが左手薬指に指輪をしているのは事実です。

しかし結婚はしておらず、過去の出来事などから槇原敬之さんは同性愛者だと思われます。

現在の日本では法的には同性婚は認められていませんが、当然ながら同性同士で指輪を贈りあうのは悪いことではないですし、同性愛も違法ではありません。

今はセクシャルマイノリティの人権も重視される社会になりつつありますし、槇原敬之さんには頑張ってほしいです。