11月2日に開幕する2019WBSCプレミア12

野球の国際大会の醍醐味といえば普段は敵として対戦している選手が味方になるという点ですが、外国人選手が敵として登場することもあります。

今回は2019年のプレミア12に出場する各国のNPB経験メンバーをまとめてみました。負傷などで離脱する可能性もあるのでご了承ください。



プレミア12に出場する各国のNPB経験メンバーまとめ!

グループA

メキシコ

  • クリスチャン・ビヤヌエバ内野手(巨人)
  • エフレン・ナバーロ内野手(阪神)
  • マット・クラーク内野手(元オリックス・中日)
  • アメリカ

  • ブランドン・ディクソン投手(オリックス)
  • オランダ

    今回のオランダ代表にNPB経験者はいません。

    ウラディミール・バレンティン外野手(ヤクルト)、リック・バンデンハーク投手(ソフトバンク)は選出されませんでした。

    ちなみに監督はロッテ、ヤクルトでプレー経験のあるヘンスリー・ミューレン氏です。

    ドミニカ共和国

  • エンニー・ロメロ投手(中日)
  • サムエル・アダメス投手(元巨人)
  • アレハンドロ・メヒア内野手(広島)
  • カルロス・ペゲーロ外野手(元楽天)
  • グループB

    台湾

  • 王柏融外野手(日本ハム)
  • 陳冠宇投手(ロッテ)
  • 張奕投手(オリックス)
  • 楽天の宋家豪投手は負傷で辞退しました。

    ベネズエラ

  • ミゲル・ソコロビッチ投手(元広島)
  • カルロス・リベロ内野手(元ヤクルト)
  • プエルトリコ

  • オーランド・ロマン投手(元ヤクルト)
  • ミゲル・メヒア投手(元西武)


  • グループC

    韓国

  • 河載勲(ハ・ジェフン)投手(元ヤクルト)
  • ちなみに元中日・李鍾範(リ・ジョンボム)氏の息子である李政厚(イ・ジョンフ)外野手が選出されています。

    キューバ

  • リバン・モイネロ投手(ソフトバンク)
  • アルフレド・デスパイネ外野手(ソフトバンク)
  • ジュリスベル・グラシアル外野手(ソフトバンク)
  • ライデル・マルティネス投手(中日)
  • アリエル・マルティネス捕手(中日)
  • ロエル・サントス外野手(元ロッテ)
  • フレデリク・セペダ外野手(元巨人)
  • ソフトバンクのオスカー・コラス外野手は負傷離脱とのこと。

    オーストラリア

    今回のオーストラリア代表にNPB経験者はいません。

    そもそも今のNPBにオーストラリア国籍の選手がいないので…

    カナダ

  • スコット・マシソン投手(巨人)
  • ダスティン・モルケン投手(元日本ハム)
  • クリス・ラルー投手(元ヤクルト)
  • 先日引退を表明したマシソン投手ですが、カナダ代表は引退していません。東京オリンピックを目指しているとのことです。



    まとめ

    今回はプレミア12に出場する各国のNPB経験者をまとめました。

    シーズン終了後ということもあり、ベストメンバーが組めないチームがかなり多いです。日本も辞退者が続出していますがこれでもましなほうです。

    キューバは日本シリーズに出場したソフトバンクの選手が多いのでコンディション面でやや不安です。夏も大会出場のためにチームを離れていましたし。

    今回のプレミア12はアジア・オセアニア最上位国北中南米最上位国が2020年の東京オリンピック出場権を手にする大事な大会です。要するに日本とオランダ以外はオリンピック出場権がかかっています。

    とはいえ日本も東京オリンピックで金メダルを目指すための練習や選手選考の上で重要な大会です。

    侍ジャパンだけでなく各国のNPB経験者にも注目です。