カタールワールドカップにて初戦の強豪・アルゼンチン戦に勝利し、世界を驚かせたサウジアラビア代表

奇跡を起こしたサウジアラビアの監督は、フランス人のエルヴェ・ルナール監督なのですが、イケメンで俳優みたいだと話題になっています。

今回はサウジアラビア代表のルナール監督についてです。

サウジアラビアの監督がイケメン!?

サウジアラビア代表の監督はエルヴェ・ルナール監督。そんな彼はツイッターでイケメンだと話題になっています。

なんと言っても優勝候補の一角であり、数少ないワールドカップ優勝経験国でもあるアルゼンチンに勝利したという結果を残したことでさらに話題になったもよう。

確かにイケメンでかっこいいですね。



サウジアラビアの監督は前回はモロッコ代表を率いていた!?

さて、サウジアラビアのルナール監督は、実は前回のロシアワールドカップではモロッコ代表を率いていました。最下位でグループリーグ敗退になってしまったものの、この時のグループには優勝候補のスペインとポルトガルがいるという、非常に厳しいグループでした。

それでもポルトガルには0-1の惜敗、スペインには2-2と互角の戦いを演じました。初戦のイラン戦の敗北が痛かったですね。

もちろんその頃からイケメンだと話題になっていましたよ。

過去にはザンビア代表やコートジボワール代表をアフリカネイションズカップ優勝に導いた経歴もあります。アフリカネイションズカップはアフリカの大陸選手権です。アジアカップやEURO、コパ・アメリカのアフリカ版と考えればOK。

コートジボワールは強豪ですが、ザンビア代表はワールドカップに出場したことすらない、強豪とは言えないような国。そんな国を優勝に導いているのは有能としか言えないと思います。

今大会でも異常に高いディフェンスラインでアルゼンチンをオフサイドにかけるという、かなりリスクの高い戦術を用いました。一歩間違えればすぐキーパーと1対1になってしまうので、組織力が重要になっています。

まとめ

今回はサウジアラビア代表の監督について書いていきました。

イケメンで有能とか羨ましいですね……サウジアラビアは裕福な国なので、給料もめちゃくちゃ貰っていそうです(笑)。アルゼンチンに勝った日を祝日にしてしまうくらいですからね。

参考記事→大金星サウジアラビア、試合翌日が急遽休日に! サルマン国王の粋な計らい

ちなみにセネガルのシセ監督もかなりのイケメンです。

イケメン探しでサッカーを楽しんでもいいでしょう。今後のイケメン監督、選手にも期待です。

コスタリカ戦の記事→コスタリカ代表はサッカー強い?有名選手はキーパー?オッズも気になる!

ルール関係→DOGSO(ドグソ)の4要件とは?SPAとの違いや三重罰になる条件も気になる!

VARのせいでサッカーがつまらない?時間がかかりすぎだと賛否両論!