鈴木誠也選手といえば「神ってる」の流行語でも有名な、広島カープの外野手です。

そんな鈴木誠也選手ですがFA権の取得はいつなのでしょうか?

また、巨人への移籍願望を持っているのではという噂もあります。

今回は鈴木誠也選手についてです。




鈴木誠也のFA権取得はいつ?

鈴木誠也選手は2019年シーズン.335で首位打者のタイトルを獲得、さらに毎年30本近くの本塁打を打てる長打力もある選手です。

守備や走塁のレベルも高く、今のプロ野球界全体で見てもトップクラスの選手といって差し支えないでしょう。

そんな鈴木誠也選手がFA宣言をしたら争奪戦になるのは自然な流れですが、FA権の取得はいつなのでしょうか?

鈴木誠也選手は順調にいけば2022年に国内FA権、2023年に海外FA権を取得します。

とりあえず最低でもあと3シーズンは広島カープでの活躍が見れることになりますね。

2022年シーズン終了後にFA権を行使するのかが最大の見どころとなるでしょう。



鈴木誠也がFAで巨人に移籍するって本当?

鈴木誠也選手は父が巨人ファンであることをテレビ番組『ジャンクスポーツ』で明かしています。ユニフォームがかっこいいとも発言していました。出身地も東京都です。

また、FAでの巨人移籍について聞かれた際も特に否定はしませんでした。

さらに、2019年8月には元新体操選手の畠山愛理さんとの交際が報じられ、その後交際を公式に発表しました。

記事によると鈴木誠也選手と畠山愛理さんは二人で都内の高級マンションに入っていったとのことです。このことからすでに鈴木誠也選手は都内にマンションを購入していると思われます。

これらの事実から考えると巨人への移籍はある意味自然な流れ。

広島ファンの中では一種の「あきらめ」に近い感情も湧いているようです。

巨人とのマネーゲームになった場合、広島にはまず勝ち目がありません。

とはいえメジャー移籍の可能性もあります。その場合はFA権の行使ではなくポスティングでの移籍となる可能性が高いです。今後の成績次第なところもあるでしょうが。

どちらにしろ広島からの退団は既定路線となっていそうです。広島一筋で引退というわけにはいかなそうですね…



まとめ

鈴木誠也選手は順調なら2022年に国内FA権を取得します。

畠山愛理さんとの交際を発表、東京出身で巨人にいいイメージがあることなどからFAで巨人に移籍するのではと噂されています。

個人的には鈴木誠也選手がFAで巨人へ移籍する可能性はかなり高いと思っています。

やはり広島より慣れ親しんだ東京のほうがいいでしょうし、年俸も上がるはずです。

まあメジャー移籍も否定できないので難しいところです。

鈴木誠也選手のFA権取得まではまだ時間があるので今後の動きに注目ですね。