THE ALFEEのTakamiyこと高見沢俊彦さんが12月4日放送のFNS歌謡祭2019において、水樹奈々さんの名曲『METANOIA』を歌唱するとのことで話題になっています。

今回はこの件に対する簡単な紹介とネットの反応まとめ記事です。



Takamiy(高見沢俊彦)が水樹奈々『METANOIA』を披露!

Takamiy(高見沢俊彦)さんは『メリーアン』『星空のディスタンス』などで有名なベテランロックバンド、THE ALFEEのリーダーです。その王子様のような雰囲気からネタ的な意味でもよく話題になります。

METANOIA』は水樹奈々さんの39枚目のシングルで、TVアニメ「戦姫絶唱シンフォギアXV」のオープニングテーマとして起用されていました。重厚なロックサウンドが特徴的な激しい曲です。

FNS歌謡祭2019では水樹奈々さんと蒼井翔太さんがTakamiyさんとのコラボで『METANOIA』を披露します。

タイムテーブルによると21:00~22:00ごろに出演予定とのこと。

引用:https://www.fujitv.co.jp/FNS/time_day1.html

Takamiy(高見沢俊彦)が『METANOIA』を披露することについてネットの反応!

やはり期待する声が多かったです。さすがに高見沢俊彦さんは予想外でしたね。

放送後に追記予定です。

追記


ギターと衣装だけで目立つ高見沢俊彦さんはさすが。



まとめ

『METANOIA』は最近の水樹奈々さんの曲の中ではトップクラスに人気があります。デュエット向きの曲でもありますしこういう場で披露するのにはちょうどいいでしょう。

あまりアニソンのイメージがないTakamiy(高見沢俊彦)さんですがギターで魅せてくれました。蒼井翔太さんのハイトーンボイスも凄かったです。

今後もこのような予想外のコラボがあるといいですね。

関連記事→高見沢俊彦が事実婚!?相手と噂の「チカコ」って誰?