女芸人ナンバーワンを決める大会、THE W。その2021年大会が12月13日に放送されたのですが、優勝したオダウエダがつまらないとネット上では大炎上のもようです。

では本当にオダウエダは面白くなかったのでしょうか?審査は適切に行われていたのでしょうか?

今回はTHE W2021オダウエダ優勝についてです。



オダウエダがつまらないのにTHE W2021優勝で大炎上!?

THE Wでは10組の女性芸人たちがA、Bの2ブロックに分かれ、各ブロックの1位と国民投票で選ばれた1組の計3組が決勝に進出します。

Aブロックを勝ち上がったのがオダウエダ、Bブロックを勝ち上がったのがAマッソ、そして国民投票で選ばれたのが天才ピアニストでした。

ネット上ではAブロックは全体的にレベルが低かったものの、オダウエダが1番であることに特に異論はなさそう。BブロックはAマッソと天才ピアニストが面白かったという意見が多く、勝ち上がったのはAマッソでしたが、天才ピアニストも国民投票で決勝に進出し、ここまでは順当だったと言えるでしょう。

問題は決勝戦です。

アンガールズ・田中、笑い飯・哲夫、友近の3人がオダウエダに入れ、ヒロミとリンゴがAマッソに、ミルクボーイ・駒場と久本雅美が天才ピアニストに投票し、3対2対2オダウエダが優勝しました。このことで大炎上しているのです。

ネット上ではAマッソと天才ピアニストの一騎打ちで、オダウエダのネタはやや劣るという評価が多かったです。それなのにふたを開けてみれば優勝したのはオダウエダでしたからね……

一部では「オダウエダを優勝させるための出来レース」「忖度」といった陰謀論まで聞こえるほどです。尺が足りずに決勝後の審査員コメントがなかったことも不満要素になっているもよう。



オダウエダ優勝についての感想ツイート

もちろんオダウエダを評価する声もあります。

まとめ

オダウエダのネタはキャラ芸なのでどうしても好みは分かれそうだなという印象です。実際に決勝でオダウエダに投票した審査員もアンガールズ・田中、笑い飯・哲夫、友近とその手の芸人が好きそうな審査員であり、そういう意味では納得できなくもないのか……?

まあ今のシステムでやっている以上、このようにネット上での評判と審査員の評価が乖離してしまうことは仕方ないとは思います。

とはいえ、あまりにも露骨に評価が割れてしまうと大会自体の評判も下がってしまいますし、そのあたりのバランスは難しいところ。

今後のお笑い賞レースの在り方が問われる一件だったと思います。