2021年の東京オリンピックから正式種目に採用された、3人制のバスケットボール3×3

その解説を務めたのが矢野良子さんなのですが、その辛口な解説や美声で話題になっているようです。

今回は矢野良子さんについてです。



矢野良子って誰?

矢野良子さんは1978年12月20日生まれのバスケットボール選手。ツイッターのアカウントもあります。


日本女子バスケにおける黄金世代である「花の78年組」の一人です。野球で言う「松坂世代」とか「ハンカチ世代」みたいなものでしょう。

長く5人制バスケットの選手として活躍し、2004年のアテネオリンピックにも出場しました。

2017年には3×3へ転向。3×3の元日本代表としても活躍していました。

女子バスケ界におけるレジェンドと言って差し支えない選手です。



矢野良子のバスケ3×3の解説が凄い!

矢野良子さんの時に辛口な、心の声ダダ漏れな解説が話題になっています。

もはや「解説」と言っていいのかもわからないレベル(笑)。ただの観客や保護者と化していることも。サッカー好きな方は松木安太郎さんの解説を思い出した人もいるのではないでしょうか。


まあ賛否両論ではあるのですが、視聴者に寄り添った目線での解説もいいと思います。

また、妙なエロさ(?)を感じる人もいるようです(笑)。

まとめ

日本ではまだマイナーな種目である3×3なだけに、解説は非常に重要。

とりあえず競技だけでなく、解説でも話題になるのはいいことだと思います。

今後の矢野良子さんの解説にも期待したいですね。