2022年11月27日にカタールワールドカップの日本代表にとっての第2戦コスタリカ戦が行われました。

コスタリカは初戦で強豪・スペイン相手に0-7の大敗を喫している一方、日本はドイツに勝利しており、チームとしての勢いは日本側にあるのは明らか。

さらに、FIFAランキングでもコスタリカの31位に対し、日本は24位。そういう意味でも格下の相手でした。

関連記事→コスタリカ代表はサッカー強い?有名選手はキーパー?オッズも気になる!

ではなぜコスタリカに敗北してしまったのでしょうか?



吉田のクリアミスのせいで失点?

では失点シーンを見てみましょう。

うーん、これは吉田選手のクリアが甘いと言っても仕方ないですね……批判されるのも仕方のないプレーです。

もともと吉田選手はこの手のミスが多く、0-3で敗北したチュニジア戦でもミスを犯し、かなり批判されていました。

試合前からも心配される始末。残念ながらその懸念が当たってしまったことになります。

また、吉田選手は34歳とかなりのベテランであり、体力面での不安も抱えていました。去年は東京オリンピックにもオーバーエイジ枠として出場していますし、ほぼフル回転でしたしね。

さらに、吉田選手は足が速いタイプではなく、スピード面ではかなり厳しいという評価もされていました。そういう意味では、他の選手を使うというオプションがあってもよかったのかもしれません。冨安選手が負傷のため出られなくなってしまったのは痛かった……

とはいえ、ずっと日本代表のキャプテンとしてやってきている以上、なかなか彼を外すという選択をするのは難しかったと思います。あのレベルのキャプテンシーを持った日本人選手はそうそういない。

日本はグループリーグ敗退の可能性も?

この敗北のせいで、日本がグループリーグ敗退の可能性もかなり出てきました。

ドイツ対スペイン戦の結果次第とはいえ、グループリーグ突破のためには基本的には勝ち点4が必要。

ということは、スペイン戦は引き分け以上が必要ということになります。もしコスタリカに勝っていれば、ドイツ対スペイン戦の結果次第ではスペイン戦を消化試合にできたのでもったいない敗戦と言えます。

初戦の勝利はかなりのアドバンテージなのですが、2戦目に敗北してしまったらほぼイーブンな状況になってしまいます。

さらに、日本は最後の3戦目が優勝候補のスペイン戦ということで、そういう意味でもかなり厳しいです。

まあもともとグループリーグ突破できれば御の字のグループなので、突破できなくても仕方ないとは思いますが、それでもこの負け方はキツイ……



まとめ

せっかくドイツに勝ったのにコスタリカに負けたのはキツイですね……

コスタリカは守備は固いですが、攻撃力は微妙なので、負けるとしたらミスやセットプレーからだとは思っていました。

関連記事→コスタリカ代表はサッカー強い?有名選手はキーパー?オッズも気になる!

ちなみに私は楽天totoで非国民ベットをしていたのでお小遣いは稼げました(笑)。11倍かー

コスタリカが2点も3点も取れなそうですし、リードしたらガチガチに守ってくる展開が予想されたので、こういう賭け方になりますよね。そもそも点が入らない展開も予想されますし。

日本が負けてもお金が稼げるというスタンスなので多少は慰みになるかな?

とりあえずスペイン戦に期待です。