2003年頃から2006年頃まで若者を中心に絶大な人気を誇ったバンド、オレンジレンジ

現在は全盛期ほどの勢いはないものの、ライブなどを中心に活動は続いております。

オレンジレンジのヒット曲といえば『』『上海ハニー』『ラヴ・パレード』といった曲が挙げられますが、『以心電信』を挙げる人も多いでしょう。

しかしこの『以心電信』にはなんとパクリ疑惑があるのです。

今回はオレンジレンジの『以心電信』パクリ疑惑について書いていきます。




オレンジレンジのヒット曲『以心電信』とは?

まず『以心電信』がどんな曲か覚えていない人もいると思うので簡単に解説します。

この曲は知名度は高いのですが、実はシングル曲ではありません。初出は2004年発売のアルバム『musiQ』です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 musiQ /ORANGE RANGE 【中古】afb
価格:298円(税込、送料別) (2019/1/26時点)

auのCMソングとなったことから人気に火が付きました。

そのため「以心伝心」ではなく「以心電信」となっているのです。

オレンジレンジと同じく沖縄出身のアーティストであるMONGOL800とコラボレーションした動画がYouTubeにありました。


果たしてこのオレンジレンジの名曲、『以心電信』はパクリなのでしょうか?



オレンジレンジのヒット曲『以心電信』はパクリ?

実はこの曲、イントロの部分がくるりの『ワンダーフォーゲル』に、サビの部分が任天堂のゲーム、ドクターマリオのBGMに似ていると言われています。


特にサビの電子音の部分がドクターマリオに似ていると思います。

実際に合わせてみた動画があったのでご紹介します。

くるりの『ワンダーフォーゲル』も発売時期が近いこともありかなり怪しいですがまあありがちといえばありがちかなと思うので微妙です。

しかし個人的にはこの曲はパクリだと思います。

オレンジレンジのヒット曲はパクリだらけ?

というのも「オレンジレンジ」というアーティスト自体が「パクリ」を得意としているからです。

パクリ疑惑のある曲はこの『以心電信』だけではありません

『ロコローション』に至ってはオリジナル曲とのことだったのですが、アメリカの歌手であるリトル・エヴァなどが歌った『ロコ・モーション』との類似性が指摘されてカバー曲扱いになりました。

また、そもそもオレンジレンジのリーダーNAOTOが曲をパクっていることを認めているインタビュー記事もありました。

「聴いてて気持ちいいものは、自分たちがやっても気持ちいい。それを採り入れたらもっと気持ちいい曲ができるから、聴いてる人もきっと気持ちいいだろうと。だから、いいものは参考にしてやったほうが、とっつきやすいし、いろんな人が聴けるし。たとえばこのメンバーの中に、本物の、めちゃくちゃロックが好きな人はいないんですよ。〈ロックに詳しいぜ〉とか、〈ファンクに詳しいぜ〉とか、そういう人は1人もいないから、自然にそうなってます。もともと音楽はあとからついてきたバンドだから、みんな手探りで、〈じゃあ、これとこれとこれを足そう〉とかやってる。とりあえず全部に触れておいて、参考にできるものは全部参考にしようと。オレたちの中の合言葉は〈パクろうぜ!〉です(笑)。まずはカヴァーするんですよ。で、ここをわかんないようにしようとか、ここ使ったらバレるだろ、とか話し合う(笑)」(NAOTO:以下同)。

本心かジョークかはわかりませんがちょっとはパクりを隠そうとする気はないのでしょうか(笑)。

まとめ

オレンジレンジのヒット曲『以心電信』はパクリの可能性が高いと思います。

くるりの『ワンダーフォーゲル』やドクターマリオのBGMとの類似性が指摘されています。

オレンジレンジのメンバーが曲をパクっていることを認めているインタビュー記事も信憑性に拍車をかけています。

また、オレンジレンジがパクっているとされている曲をまとめたサイトがあったのでリンクを張っておきます。

オレンジレンジがパクった曲一覧

確かにオレンジレンジの『以心電信』はいい曲だと思うのですが、パクリだと思うと残念です。