長友佑都選手といえば日本代表の不動の左サイドバックとして活躍しているベテラン選手です。

彼はイタリアの名門、インテルで長年プレーしていたことで有名ですが、妻である平愛梨さんとのラブラブぶりも有名です。

2016年には長友選手が平愛梨さんのことを「僕のアモーレ」と発言し、「アモーレ」が流行語トップ10に選ばれるなどして話題になりました。

しかし長友選手と平愛梨さんの夫婦が「ウザい」「痛い」と言われてしまうこともあるようです。

なぜ長都選手と平愛梨さん夫妻は嫌われてしまったのでしょうか?




長友佑都、平愛梨夫妻はウザい?痛い?

長友佑都選手といえば2018年に行われたロシアワールドカップ開幕直前に髪を金髪に染めたことで話題になりました。

このことをツイートした長友選手に対して妻の平愛梨さんがTwitter上でリプライを送ったのですが、このことが「公開イチャつき」であると炎上。

実際のツイートはこちらです。


もともとカップルや夫婦がSNS上でやり取りする行為自体が炎上しやすいのに加え、この時期はワールドカップ開幕直前。

特に当時のサッカー日本代表は強化試合で結果を残せておらず、監督の交代劇が起こるなどピリピリしたムードだったことも炎上した理由になりそうです。

また、平愛梨さんのブログは長友選手やお子さんの登場率が高く、ノロケ記事が多いことも「ウザい」「痛い」と言われてしまう理由でしょう。

平愛梨さん公式ブログ
https://ameblo.jp/taira-airi/

20代前半のカップルならともかく彼らは30代なのでそう言われてしまうのも仕方ないと思います。

長友佑都、平愛梨夫妻が嫌われる理由は?

さて、長友佑都選手と平愛梨さんの夫婦が嫌われる理由はいったい何なのでしょうか?

実は長友佑都選手から平愛梨さんへのプロポーズはインテルのホームスタジアムであるスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで行われました。

このとき平愛梨さんが芝生の上をヒールで歩いて(特にサッカーファンから)批判されました。

このスタジアムはインテルと同じくセリエAの強豪チームであるACミランのホームスタジアムでもあり、まさに「イタリアサッカーの聖地」と呼んでもいい場所です。

1926年に開場した伝統あるスタジアムの芝生を傷めるような行為をしてしまったことも原因のひとつと言えるでしょう。

しかし長友佑都、平愛梨夫妻が嫌われる理由で最も大きな理由は嫉妬だと思います。

長友佑都選手と平愛梨さんが交際を発表したのは2016年6月のことです。

そこから2017年に入籍、披露宴、海外移住と長過ぎる「幸せアピール」が特に女性の嫉妬を買ってしまったようです。

相手が日本代表でもトップクラスの選手である長友選手であることも嫉妬に拍車をかけているでしょう。

まとめ

長友佑都選手と平愛梨さんの夫婦が嫌われる理由は嫉妬と言い切っていいと思います。

特に長友選手はまだ現役のサッカー選手ですし、「サッカーに集中して欲しい」という意見が出るのも当然でしょう。

嫉妬で批判されるのはともかく、サッカーのパフォーマンスが落ちて批判されるのはまだ早い選手です。

長友選手には今後も本職のサッカーで頑張って欲しいです。

関連記事→長友佑都が姉と同居しているのは本当?旦那と離婚したのが理由?
関連記事→長友佑都は身長170ない!?長友の身長サバ読み疑惑を検証!