2020年のM-1グランプリ決勝に進出し、話題になっているアキナ

そんなアキナですが、サジェストに「謹慎」「不祥事」という物騒な文字が表示されます。

さて、アキナが不祥事で謹慎になったというのは本当でしょうか?

今回はアキナ不祥事疑惑についてです。



アキナはもともと「ソーセージ」だった!?

アキナはツッコミの秋山賢太さんとボケの山名文和さんによるお笑いコンビです。

しかし、実はアキナはもともと藤本聖さんを加えたトリオとして活動していたのです!

そのときのユニット名が「ソーセージ」。

ソーセージが活動を停止せざるを得なくなったのは不祥事によるものでした……

アキナが不祥事を起こしたって本当?

2011年に「ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞を受賞するなど少しずつ知名度を上げていったソーセージ。そんなソーセージを襲ったのがメンバーの不祥事でした。

藤本聖さんが元交際相手の女性を暴行するという不祥事を起こし、新聞沙汰になってしまったのです。被害女性との示談が成立し、不起訴処分にはなったものの、芸能活動は停止するしかありませんでした。

話し合いの結果「ソーセージ」は解散。山名さんと秋山さんのコンビ「アキナ」として活動をすることになったのです。

ちなみに現在は藤本聖さんも復帰しており、井尻貫太郎さんとのお笑いコンビ「ジュリエッタ」として活動しています。



アキナ山名は謹慎になった?

メンバーが起こした不祥事の影響で、秋山さんと山名さんも無期限の謹慎に。自宅から一歩も出られないというかなり厳しい謹慎だったようで、アルバイトも禁じられるほどでした。謹慎が解けたのは事件から約3か月後だったとのこと。

つまり、アキナの二人が謹慎になったというのは本当です。とはいえメンバーの不祥事による連帯責任なので仕方ないでしょう。

解散したことで過去の実績もリセットされてしまい、新人と同じ扱いになってしまったようです。M-1グランプリ公式サイトでも結成は2012年となっていますね。
外部リンク→https://www.m-1gp.com/



まとめ

アキナは過去に「ソーセージ」というトリオで活動していたもののメンバーが不祥事を起こし、解散の憂き目にあってしまいました。

この不祥事の影響で秋山さんと山名さんは連帯責任で謹慎になってしまい、「アキナ」というコンビ名で活動を再開することになったのでした。

波乱万丈なストーリーを持つアキナ。M-1グランプリ2020では結果を残して報われてほしいですね。