三浦大輔さんといえば「ハマの番長」の愛称で人気を博した、リーゼント頭がトレードマークの元プロ野球選手です。

三浦大輔さんは2016年に現役を引退。2020年は古巣である横浜DeNAベイスターズの二軍監督を務め、2021年からは一軍監督に昇格することが発表されています。

さて、そんな三浦大輔さんには娘さんがいらっしゃることが知られています。彼女は競馬関係の仕事をしているという噂がありますが本当でしょうか?

今回は三浦大輔さんの娘さんについてです。



三浦大輔の娘は競馬関係の仕事をしている?

三浦大輔さんの娘さんの名前は凪沙(なぎさ)さんといいます。三浦大輔さんのブログにも顔を隠しつつ度々登場しています。


引用:https://ameblo.jp/daisuke18/image-12342844235-14107929105.html

そんな凪沙さんは、横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムで野球観戦しているところを激写されています。


このときに一緒に写っていたのが勝浦正樹さんと松岡正海さんです。この二人は実は競馬の騎手

一部では有名な話ですが、三浦大輔さんは「リーゼントロック」「リーゼントブルース」という競走馬の馬主でもあります(競走馬としては引退済み)。

そのリーゼントロックの主力ジョッキーだったのが松岡正海さん。彼は野球好きとして知られており、好きな球団は横浜DeNAベイスターズとのこと。

騎手と一緒にいるということは凪沙さんは競馬関係の仕事をしているのでしょうか?

やや前の記事ですが、インタビュー記事においてこのような発言がありました。

三浦:家族共通の趣味ができたのは良かったですね。
息子も好きですし、なにより娘が
「えっ? なんでそんなこと知ってるの?」
というくらいに詳しいんです。
家に置いてある競馬雑誌を読んでいたようで、
それで馬の魅力にとりつかれて、
今はもうぼくより好きなんじゃないでしょうか。
本当によく知っていますし、
将来は馬に関わる仕事に
就きたいとも言っています。

三浦大輔さんが馬主になったことがきっかけになったのか、高校生の頃から馬に関わる仕事に興味を持っていたようです。

そして彼女のツイッターアカウントのプロフィールによると、現在はサンケイスポーツ競馬担当になっています!



三浦大輔の娘のTwitterアカウントは?

三浦大輔さんの娘・凪沙さんのTwitterアカウントはこちら


ツイートもほとんどが競馬の内容となっていますね。

三浦大輔の息子と嫁は?

三浦大輔さんの息子さんは2001年生まれの澪央斗(れおと)くん。父と同じく野球をやっており、ポジションはピッチャーです。三浦大輔さんの引退試合では始球式の大役を務めました。

三浦大輔さんの奥さんは一般人ということもあり、名前は不明です。高校の2年先輩という姐さん女房とのこと。三浦大輔さんの引退試合では花束を贈呈していました。



三浦大輔の娘の大学は?

では凪沙さんの出身大学はどこなのでしょうか?

結論から申し上げますと、彼女は一般人ということもあり残念ながらわかりませんでした

しかし現在サンケイスポーツの競馬担当として活躍していることを考えると、それなりにレベルの高い大学に行っていた可能性が高いと思われます。新聞社などのマスコミ業界は難易度が高いことで有名ですからね。



まとめ

三浦大輔さんの娘・凪沙さんはサンケイスポーツの競馬担当として活動中です。大学についてはわかりませんでした。

5年間の長期政権を築いたラミレス監督の後を継ぎ、2021年から横浜DeNAベイスターズの監督に就任する三浦大輔さん。

今後の三浦ファミリーの活躍に期待したいです。