ロシアワールドカップのNHKテーマソングに採用された『VOLT-AGE』が話題となり、紅白歌合戦への初出場を決めたSuchmos(サチモス)

洋楽っぽくてオシャレな曲のイメージがあるSuchmosですが、歌詞がダサいという評判があります。

今回はSuchmosの歌詞の評判について書いていきます。

Suchmos(サチモス)の歌詞はダサい?

Suchmosの評価で多いのは「曲はいいけど歌詞がダサい」というものです。

まず何かを評価するにあたって「ダサい」という言葉自体が難しいです。

ダサい」ことが「悪い」とは限らないからです。

例えば2018年に大ヒットを記録したDA PUMPの『U.S.A.』を見てみましょう。

この曲を胸を張って「カッコいい」と言える人がどれだけいるでしょうか?

どっちかの夜は昼間」とかいう歌詞どう考えてもダサくないですか?

しかし『U.S.A.』は大好評です。

Suchmosの歌詞もこれと似たような現象が起きているのではないでしょうか?

つまり「ダサい」けど「悪い」わけでは無いということです。

Suchmosのダサい歌詞といえば『MINT』の「調子はどうだい? 兄弟、徘徊しないかい?」とかですかね。

Suchmos最大のヒット曲『STAY TUNE』の「Mで待ってるやつ もうGood night」とかそもそも意味がよくわからないですし(笑)。

『STAY TUNE』の歌詞は最初からダサい気もしますがだからといって『STAY TUNE』という曲の評価が悪いわけではなく、むしろ人気です。

ほら『U.S.A.』人気と同じだと思いませんか?



Suchmos(サチモス)の歌詞に関する評判は?

ファンですら「Suchmosの歌詞はダサい」ということを認めている発言があります。

やはり「ダサい」から「悪い」というわけではないですからね。

その歌詞の「ダサさ」も含めてSuchmosの音楽なのではないでしょうか?

まとめ

「ダサい」かどうかは個人によって評価が割れるものですが、Suchmosの歌詞は「ダサい」という評価がかなり多いです。

そもそもSuchmosは音楽性演奏力が主に評価されている点であり、歌詞についてはそこまで評価されているバンドではないです。

しかしその歌詞の「ダサさ」も含めて好きなファンもいれば、歌詞はもうちょっとどうにかして欲しいというファンもいます。

今後主に作詞を担当しているYONCEさんとHSUさんがどのような歌詞を書くのか注目したいです。
関連記事→Suchmos(サチモス)のヨンスは実は韓国人って本当!?
関連記事→Suchmosの『STAY TUNE』はパクリ!?真相は?