『PIECES OF A DREAM』『My Gift to You』などのヒット曲で知られるCHEMISTRY

その歌唱力の高さから人気でしたが、2012年にソロ活動を優先するためCHEMISTRYとしての活動を休止

しかし2017年に活動を再開し、再び流行の兆しを見せています。

そのCHEMISTRYのメンバーである堂珍嘉邦(どうちん よしくに)さんが2019年元日に離婚を発表したことで話題になっています。

なぜ堂珍嘉邦さんは嫁と離婚したのでしょうか?

今回はCHEMISTRY堂珍嘉邦さんの離婚についてです。




CHEMISTRY堂珍嘉邦の元嫁は誰?

この記事をご覧になっている方の中にはそもそも堂珍さんが結婚していたことを知らない人もいるかもしれません。

堂珍さんはCHEMISTRYとしての人気全盛期だった2004年6月にモデルでタレントの森田あつ子さんと結婚しました。同年12月には第1子も誕生しています。

出典:http://www.officiallyjd.com/archives/352213/20140423_dou_03/

森田あつ子さんは堂珍さんと同じ1978年生まれ。ファッションモデルなだけあって身長も168cmと女性にしては長身です。

ちなみに彼女は結婚後「堂珍敦子」に改名して活動をしていました。

芸能界では結婚しても活動する名前は変えない人が多い中、改名するくらい仲がよかったのでしょうか。

しかし1978年生まれということは現在40歳。そのくらいの年齢で離婚する人はあまりいない印象もあります。

森田あつ子さんとCHEMISTRY堂珍嘉邦さんが離婚した理由は何なのでしょうか?



CHEMISTRY堂珍嘉邦が嫁と離婚した理由は?

離婚した理由の前に結婚した理由ですが、実は二人はいわゆる「できちゃった婚」です。

それは6月に結婚、12月に出産ということからもわかると思います。

結婚後すぐに別居が噂されるようになりました。

幾度も離婚の話し合いがあったようですが、何故かコンスタントに子供をつくっており、現在5人も子供がいます。

仲のいい時期と悪い時期の差があったのかもしれません。

そして2018年末に離婚を決断するのですが、離婚の一番の理由としてはモデルとして活動したい敦子さんと子育てに専念してほしい堂珍さんとの考えの違いといわれています。

5人も子供がいることや堂珍さんの稼ぎを考えれば気持ちはわからなくもないですが、妻の意向も重視すべきだったように思えますね。

まとめ

CHEMISTRY堂珍さんと嫁の敦子さんの離婚の理由は子育てや仕事に対する意見の相違といわれています。

ちなみに敦子さんは芸名を「堂珍敦子」から「敦子」に変更し、5人の子供を支えるシングルマザーとして活動する意向だそうです。

仕事をしながら5人の子供を育てていくのは大変だと思いますが、頑張ってほしいです。

もちろんCHEMISTRYとしての活動を再開した堂珍嘉邦さんも全盛期のような活躍を期待しています。