Coccoさんといえば『樹海の糸』『カウントダウン』といった衝撃的な歌詞の曲で有名なシンガーソングライターです。

そんなCoccoさんは謎に包まれた歌手ですが、本名はわかっているのでしょうか?

また、リストカットや拒食症の過去があるというのは本当でしょうか?

今回はCoccoさんについてです。




Coccoの本名は?

Coccoさんの本名ですが、当然ながら公式で発表していません

沖縄県出身なので名字は珍しい可能性が高いです。

愛称の一つに「あっちゃん」があるので「あ」から始まる名前との噂もありました。

しかし、実はCoccoさんの本名は真喜志 智子(まきし さとこ)さんと一部では言われています。

どこから出てきたのか不明ですが、沖縄っぽい名字ですし謎の信憑性はあります。Coccoさんは1977年生まれで「子」の付く名前も多かったですし。

もちろん公表されているわけではないので噂の一つとして頭に入れてください。



Coccoにはリストカットや拒食症の過去がある?

Coccoさんといえば自殺や自傷を思い起こさせる衝撃的な歌詞が特徴です。

かつてはCoccoさんのファンだと公言するとメンヘラ扱いされることもありました。今もありそうですが……

また、デビュー当初のCoccoさんは常に長袖を着ており、腕を隠していたことからリストカットの噂は絶えませんでした。

人気が出た後の2001年に突如音楽活動を休止するなど精神的不安定さを覗かせていた過去もあります。育児休暇とも言われていますが。

関連記事→Coccoの息子、kotoの父親は?ティファニーとの関係も気になる!

さて、Coccoさんは実際にリストカットや拒食症の過去があるのでしょうか?

実は2009年に雑誌「papyrus」にて拒食症と自傷行為のことを語っています。

拒食症は2008年頃から始まったようです。「papyrus」の表紙ではやせ細り無数の傷跡が刻まれた腕も晒していました。

リストカットはやはりかなり前から行っていたようです。心身安定のためにやっていたとのこと。感受性の高さから色々なことにストレスを感じてしまう傾向があったようです。

Coccoさんのあの自傷行為を思わせるような歌詞は、やはり実体験に基づいたものだったのですね。



まとめ

Coccoさんの本名は公表されていませんが、「真喜志 智子(まきし さとこ)」という噂です。

リストカットや拒食症の過去があったのは事実です。

現在は2019年10月18日放送予定の『ミュージックステーション』に出演予定などある程度安定していそうです。

あまり表舞台に姿を見せることがないCoccoさんだけにMステ出演は楽しみですね。