2015年7月に惜しまれつつ解散したキマグレン

そんなキマグレンの代表曲といえば『LIFE』でしょう。

しかし、どうやらこの名曲にパクリ疑惑が浮上しているようなのです!

夏の名曲として有名な『LIFE』がパクリというのは本当でしょうか?

今回はキマグレン『LIFE』パクリ疑惑についてです。




キマグレンの『LIFE』に似ている曲は?

キマグレンの『LIFE』に似ているとされた曲はMONDO GROSSOの『LIFE Feat. bird』。

MONDO GROSSOは大沢伸一さんの元バンドで、現在はソロプロジェクトとして活動しています。

『LIFE Feat. bird』はみうらじゅんさんの妻であるbirdさんをフィーチャーした曲です。

確かにイントロのあたりは似ているような気がしないでもないですね。全体的な雰囲気も近いかもしれません。

そもそもタイトルが『LIFE』です(笑)。

次にキマグレンの『LIFE』に似ているとされた曲はTOKIOの『Mr.Traveling Man』。

公式MVが無かったので気になる人はYouTubeで検索してみてください。

ドラマ『夜王~YAOH~』の主題歌だったことから知っている人も多いと思います。

こちらはサビの部分はちょっと似ているように聴こえますが、それ以外の部分は似ても似つかない印象です。

サビの類似度も大したことないですしね。

最後は嵐の『Happiness』。嵐の中でもトップクラスに有名な曲です。2007年発売にもかかわらず2016年、2018年の紅白歌合戦で歌唱されています。

こちらも公式MVが無かったです。ジャニーズは厳しいですからね……まあ知ってる人は多いと思うので大丈夫でしょう。

この曲もサビが似ているようです。「走り出せ 走り出せ」の部分と「泣きたくて 笑いたくて」の部分ですね。

まあそういう目で見れば似ているように聴こえるかもしれないというレベルです。



キマグレンの『LIFE』はパクリ?

キマグレン『LIFE』の発売は2008年5月ですが『Happiness』は2007年、『Mr.Traveling Man』は2006年と比較的発売時期が近いのも気になります。ちなみに『LIFE Feat. bird』は2000年です。

では結局キマグレンの『LIFE』はパクリなのでしょうか?

個人的な意見ですが、キマグレンの『LIFE』はパクリではないと思います。

今までに多数の楽曲が生み出されてきた以上、既存のどの曲とも一切似ていない曲を新たに作るのは難しいです。

コード進行が完全に一致していたりしたらさすがに擁護できないですが、部分的に少し似てしまうのはある程度は仕方ないです。

音楽自体の流行りというものも存在しますしね。流行に乗って売らないといけません

もちろんパクりであるという可能性が完全にゼロとは言いませんが、許容範囲だと思います。



まとめ

キマグレンの『LIFE』はMONDO GROSSOの『LIFE Feat. bird』、TOKIOの『Mr.Traveling Man』、嵐の『Happiness』に似ていると言われていました。

しかし、「パクリ」と断言できるほど似ているわけではないため、個人的にはパクリではないと思っています。

当ブログでは過去に数々のパクリ疑惑を扱ってきました。

亀梨和也の『Rain』にパクリ疑惑!?あの曲に似てる?
平井大の『THE GIFT』はパクリ!?あの曲に似てると話題に!
オレンジレンジのヒット曲『以心電信』はパクリ!?
西野カナの『トリセツ』はパクリ!?ロンブー淳が元ネタって本当?
Suchmosの『STAY TUNE』はパクリ!?真相は?

この中で自分がパクリだと思ったのは一つしかありません。

パクリだと思って聴くと似ているように聴こえてしまうのは仕方ないんですよね。サッカーのVARみたいなものです。

キマグレンとサッカーといえばクリロナを完封したというあれが思い出されてしまいます(笑)。

関連記事→キマグレンがクリロナを完封した!?いったいどういう意味?

2015年に解散しているものの、2019年になって再び二人での活動が増えてきたキマグレン。

今後のキマグレンの活動に注目です。

関連記事→キマグレンISEKI(イセキ)の現在は?解散後は何してる?