真心ブラザーズといえば夏の名曲『サマーヌード』で有名な、倉持陽一さんと桜井秀俊さんの二人から成るバンドです。

倉持陽一さんはYO-KINGとして活動していることでも有名ですが、それ以上に元JUDY AND MARYボーカルのYUKIさんの夫としてのイメージが強い人も多いでしょう。

さて、倉持陽一さんとYUKIさんの出会いや結婚のきっかけは何だったのでしょうか?

今回は真心ブラザーズ倉持陽一さんとYUKIさんについてです。




真心ブラザーズ倉持陽一とYUKIの出会いは?

真心ブラザーズの倉持陽一(YO-KING)さんとJUDY AND MARYのYUKIさんの出会いは1992年頃にまでさかのぼります。

当時放送されていた音楽番組で共演したことがきっかけとなり、倉持陽一さんとYUKIさんの交流が始まりました。

YUKIさんの倉持陽一さんへの好感度は非常に高く、ラジオ番組「YUKIのオールナイトニッポン」では番組が開始した頃からずっと真心ブラザーズの倉持陽一さんのことが好きだと言い続けていました。このラジオ番組に倉持陽一さんがゲスト出演することもありました。

1998年頃、JUDY AND MARY内でメンバー間で不和が生じ始めます。この時期にYUKIさんは倉持陽一さんとの距離を縮めていき、付き合うようになったのです。



真心ブラザーズ倉持陽一とYUKIの結婚のきっかけは?

YUKIさんは子供好きという訳でもなく、幼少期から両親を見てきてあまり結婚にいいイメージがありませんでした。

しかし、倉持陽一さんと交流を続けたことで彼女の心境にも変化が訪れます。

JUDY AND MARYとしてヒットしたことで仕事で忙しく、体調にも配慮しない生活が続いていたYUKIさんは喉にポリープができて手術をすることになります。

この頃から倉持陽一さんの心にゆとりを持った生き方に共感を覚え、「この人となら結婚できる」と思うようになったのです。

そして2000年9月30日に二人は結婚します。このとき倉持陽一さん33歳、YUKIさん28歳でした。

2005年3月には1歳11か月の長男が亡くなるというショッキングな出来事もありましたが、現在は2人の男の子と共に幸せな生活を送っているようです。



まとめ

真心ブラザーズの倉持陽一(YO-KING)さんは元JUDY AND MARYのYUKIさんの夫です。

今回の記事では二人の出会いから結婚までを解説しました。

真心ブラザーズもYUKIさんもまだまだ現役の歌手として活躍されています。

今後のお二人の活躍に期待です。