2017年のM-1グランプリ決勝で話題となったマヂカルラブリー。2020年も決勝に進出しており、リベンジに燃えているでしょう。

そんなマヂカルラブリーですが、解散の噂があるようです。

なぜそのような噂が浮上してしまったのでしょうか?解散するというのは本当なのでしょうか?

今回はマヂカルラブリー解散疑惑についてです。



マヂカルラブリーに解散の噂?その理由は?

マヂカルラブリーに解散疑惑が浮上した原因ですが、全くわかりませんでした。解散疑惑が浮上したからには何らかの理由があることがほとんどなので、かなり珍しいパターンと言えます。

とはいえそれだけで終わってしまうのもつまらないので何パターンか仮説を考えてみました。

マヂカルラブリー解散の理由は上沼恵美子?

マヂカルラブリーの知名度を飛躍的に上げたのが2017年のM-1グランプリ決勝。

全参加者中最低得点を記録してしまったマヂカルラブリーは審査員の上沼恵美子さんに激怒されました。この事件がショックで解散を考えたのではないかという説です。

しかしマヂカルラブリーは芸人としてこのことを「持ちネタ」だと思っているようで、解散を考えるほど凹んだわけではないでしょう。2018年のM-1グランプリ敗者復活戦でも上沼恵美子さんに「えみちゃん待っててね~」とボケています。

そして見事に2020年は再びM-1グランプリ決勝の舞台に復活しました。さすがに解散するとは考えにくいです。



マヂカルラブリー解散の理由は野田クリスタルピン芸人化?

2020年のR-1ぐらんぷりで見事に優勝したのがマヂカルラブリーの野田クリスタルさんです。

この優勝をきっかけにピン芸人に専念し、マヂカルラブリーを解散するという説。

しかし最近はR-1ぐらんぷりに参加するコンビの芸人も多いです。2019年に優勝したのは霜降り明星・粗品さんでしたし、2020年もすゑひろがりず・南條さんが最終決戦に進出しました。もちろん彼らはコンビでの活動が中心。

実は前コンビを解散してから「マヂカルラブリー」を結成するまではピン芸人だった野田クリスタルさんですが、再びピン芸人に専念する説は薄いでしょう。

マヂカルラブリー解散の理由は検索エンジン?

個人的に最も有力だと思うのがこの説。

検索エンジンには同時に検索されやすい言葉を提示する「サジェスト」という機能があります。「マヂカルラブリー」の場合こんな感じ。

最初に数人が「マヂカルラブリー 解散」と検索し、サジェストワードとして表示されるようになり、気になった人がさらに検索することで「解散」が一番上になるほどになってしまったのでしょう。

このサジェストワードは上にあるほど検索数が多い傾向があります。もともとネガティブなワードほど検索されやすいですし、一度上がると消えにくいです。

また、一応Wikipediaの「野田クリスタル」のページに「マヂカルラブリー」「解散」という単語自体は表示されてるからという可能性もあります。野田クリスタルさんは過去にコンビを解散した経験があるからです。検索数が増えていることもあり、検索エンジンが関連するワードだと思ってしまったということですね。

まあ検索エンジンのシステム上仕方ないとは思います。マヂカルラブリーには気の毒ですが……



まとめ

マヂカルラブリーに解散の予定はありません。解散危機があったという話も特になし。

仮説は立てることができますが、検索エンジンのシステムで「解散」がサジェストされてしまう説が最も有力でしょう。

実は似たようなことは他のキーワードでもあります。こちらはYahoo!ですが、なぜかスピッツ・草野マサムネさんに「田口瑛子」という謎のワードがサジェストされてしまったのです。
関連記事→草野マサムネと田口瑛子の関係は?彼女って本当?

いくら精度が上がっているとはいえ、検索エンジンも完璧ではないです。上の記事を書いたのは2019年10月ですが順位が下がったとはいえ未だに表示されていますし……

マヂカルラブリーには2020年のM-1グランプリ決勝で頑張って上沼恵美子さんを見返してほしいですね。