M-1グランプリ2017で上沼恵美子さんに激怒されたことで知名度を上げたマヂカルラブリー

そんなマヂカルラブリーの野田クリスタルさんが炎上したと話題になっています。

ではなぜ炎上してしまったのでしょうか?

今回はマヂカルラブリー野田さんの炎上疑惑についてです。



マヂカルラブリー野田が炎上?発端となったネタは?

マヂカルラブリー野田さんが炎上したとされるのは彼が優勝した2020年の「R-1ぐらんぷり」。

この決勝ファイナルステージで披露したネタ「ストッキング姉さん」が一部で炎上したのです。

そのネタとは「女性のストッキングをハサミで切るゲームで遊ぶ」というもの。このゲームはプログラミングが趣味である野田クリスタルさんの自作です。2017年には自身のYouTubeチャンネルで公開されていました。

これが性暴力を想起させるとして物議を醸しました。確かにYouTubeチャンネルでも「年齢制限があります」と表示されるので万人向けではないのは確かでしょうが……


確かにこのような意見はあったものの、ほとんどは「考えすぎ」「あくまでネタ」という野田さんを擁護する意見でした。


SNSが一般的になったことで少数意見も広がるようになった弊害でしょう。

また、M-1グランプリ2019ではミルクボーイやぺこぱのような「誰も傷つけない笑い」が評価されたことも大きいと思います。社会の潮流の変化ですね。



まとめ

マヂカルラブリー野田クリスタルさんは2019年のR-1ぐらんぷりで披露したネタをきっかけにちょっとした炎上をしました。とはいえ炎上としては小規模なものであり、それほど気にするものではないでしょう。

2017年のM-1グランプリでは上沼恵美子さんから強烈なダメ出しをされたマヂカルラブリー。そのおかげで知名度のアップには成功しました。

野田クリスタルさんはR-1のタイトルも取っているのであとはM-1グランプリでリベンジを果たすだけ。

マヂカルラブリーには頑張ってほしいです。